沿革

大正15年 3月 川﨑勇 東京都目黒区にて川崎電気商会を創業し電気工事業を始める
昭和15年 6月 川﨑電気株式会社設立(資本金10万円)川﨑勇が初代代表取締役社長に就任
昭和20年 10月 本社を山形県南陽市に移転(戦時疎開)、配電制御設備の製造を開始する
昭和37年 11月 山形県に本社を置く企業としての初の上場(東京証券取引所市場第二部)
昭和49年 1月 川﨑暢 代表取締役社長に就任
昭和58年 1月 NPS研究会入会
平成6年 4月 九州工場完成(佐賀県佐賀市)
平成8年 12月 国際品質保証規格ISO9001の認証取得(山形工場)・・・業界初
平成9年 1月 国際品質保証規格ISO9002の認証取得(九州工場)
平成10年 2月 国際環境管理規格ISO14001の認証取得(山形工場)・・・業界初
平成12年 9月 民事再生手続開始の申立てを行なう
平成12年 9月 西谷賢 代表取締役社長代行に就任
平成12年 12月 上場廃止
平成13年 6月 西谷賢 代表取締役社長に就任
平成13年 7月 民事再生法に基づく再生計画の認可決定が確定
平成13年 8月 100%減資と同時に18億円の第三者割当増資を行ない新生川崎電気のスタートを切る
平成14年 7月 再生債権の弁済を行い民事再生手続が終結
平成16年 8月 ブランド名「KAWADEN」と商号の統一を図るため、『株式会社かわでん』に商号 を変更
平成16年 11月 ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年 9月 山形工場 新検査棟が竣工
平成18年 6月 山形工場 カチオン電着塗装設備導入
平成19年 8月 九州工場 新板金工場竣工
平成20年 8月 山形工場 第二検査棟竣工
平成28年 6月 山形工場 塗装新Cライン稼働開始
平成29年 6月 信岡久司 代表取締役社長に就任